Sube tres y se cae dos.

アクセスカウンタ

zoom RSS 店の金魚

<<   作成日時 : 2010/10/05 01:25  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




もし
ボクがキミと出会っていなかったら
キミは別の愛を感じて生きていただろう



透明なガラスで
キミはヒトの世を見つめる

水槽という狭い空間のなかで
他のきんぎょと寝食を共にし

キミを迎えてくれるヒトを
今か今かと待ちわびる



水槽のなかで
ひらひら ゆらゆら

そのとなりで
命の灯が消えそうなきんぎょ

消えかけた命を
我が身の肥やしにしようと

消えかけたきんぎょの身体を
口にするきんぎょ



水槽に目を止めて
キミらを指差すヒトの群れ

どうか
ボクを家族の一員にして下さい

口を開け 他魚を押しのけて
アピールする



誰が
ヒトの目に止まるかわからない

なぜ
ボクよりあのきんぎょがモテるんだ?

そう思って
来る日も来る日も待ちわびる



ボクと出会ったキミは
青いケースのなかで泳いでいた

すくい上げて
空に翳してみれば

キミの身体は
病魔に冒されていた

ヒトは
何よりもそれを嫌いたがる

少しでも
病気を発見すると

家族の一員として
迎えてもらうことが出来ない

厳しい審査
迎えいれてもらうための条件



病魔に冒されたキミを
ボクは指をさし袋に入れてもらう

もしかしたら
病気に負けて死ぬかもしれないキミを

お金を払ってまで購入したのは
ただ一つ

キミに
ありったけの愛情を注ぎたくなったからだ




2010-10-05,produce by m.sakurai



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
店の金魚 Sube tres y se cae dos./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる