Sube tres y se cae dos.

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月。

<<   作成日時 : 2010/04/03 01:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




4月に入って3日目。いつもと同じように日々を過ごす。
退屈になって来ているのはわかっている。
働けば、この退屈感からサヨナラ出来ることも…
自分なりに痛感している。でも、怖いんだろうな。
未来がさ。

ネット検索すると、当たり前のように、
自分と同じ病気と闘っている人に出会う。その多さに悲しくなるんだ。
そしてそこには未来の自分がいるような気がしてならない。
もしかしたら、自分もこうなるんじゃないだろうか…と、
そんな気持ちになる。

でも、そんなことを考えていたら前には進めない、その通りだ。
だから、考えずに生きていこうと思ってみるが…
万が一を考えずに歩いていくのは自分には出来ないらしい。
全てが全て、自分の理想へと道は進んではいかないと‐
もう、身にしみたから期待していない部分があるのだろう。

気を紛らわすかのように過ごす日々。
自分という人間が此処にいて、本当の気持ちを此処に残しておきたい、
そんな思いだけで生きる。
広くて浅いその思いだけで、日々を生きているだけだ。



2日後は病院だ。
病院へ行っても、カウンセリング程度の話をして帰ってくるだけだ。
いつも、“いつもと変わりない”と答え、物覚えの悪い教授が、
『薬はどうする?』と言う。電カルを見ながら“教授、しっかりして下さい”と、
何度思ったことか。

薬はもう2年前に、自分から断ち切ってしまったし…
担当医が教授になって2年が経つのだ。
薬などに頼りたくもない。どんなに眠れぬ日々が続いても…
どんなにやる気が出なくても、ぐっとこらえて我慢をするよ。
苦ではないから出来ること。これが苦だと感じたら、断ち切った自分は、
ハズレを引いたことになる。だが、自分はハズレを引くわけにはいかない。
何年かかっても、この選択は間違っていなかったと言えるように、
今を生きるしかないのだ。生きなきゃいけないわけじゃないけど…
今はまだ、頑張って生きてもいいと思う。今はね。



この間、ペットとして新たにメダカを購入した。
すでに、うちには何十という数の魚を飼育しているのに、また購入した。
世話する労力も限界だとわかっているのだが、それでも限界に向かって、
走り続けている。まさに“まだ大丈夫”と言わんばかりの状態。
そう思っている時点で大丈夫なはずなどない。それが何よりも危険。
なのに、まだ大丈夫だと思って世話をし続けている自分。
こんなに自己分析出来ているなら、病気なんてならなかったよな…。



さて…
今日はどんな夢をみるのだろうか?
もう、毎晩毎晩、夢ばっかりみて疲れている。
なんでこんなに夢をみるのだろうか?と思うくらい見ているけどね。
それだけ眠りが浅いのかもしれない…(笑)

あっ〜、
そろそろ桜が咲く。病院に勤めていた頃は、院内に咲く桜を見ていたっけ。
好きだった、あの桜の花びらが綺麗に舞う光景が、たまらなく好きだった。
またそんな光景のなかにいる自分に戻れるようになりたいから、
仕事を頑張って見つけようか。ゆっくり時間をかけてね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
4月。 Sube tres y se cae dos./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる